スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「はちどり通信」 vol.16 ガレキを燃やさず 愛を燃やそう

「はちどり通信」 vol.16
(2013.1.24発行)


皆さん、こんにちは。
「はちどり通信」第16号をお届けします。


(配信停止、配信希望の方は、メールマガジン最後にある「メルマガ配信停止・配信
希望の方は」をご覧ください)


《今号のコンテンツ》
◆ニュース・トピック◆「大阪は震災ガレキ処理を強行しようとしている」
◆おすすめ番組◆「活断層と原発、そして廃炉~アメリカ、ドイツ、日本の選択」
◆イベント情報 1◆「~ガレキを燃やさず 愛を燃やそう~」
◆イベント情報 2◆「給食と食について話す会」
◆イベント情報 3◆映画「カンタ!ティモール」上映会 主催:はちどり通信
◆イベント情報 4◆「宮脇昭 博士 講演会 IN 大阪」
◆イベント情報 5◆「震災がれき、毎日燃やして大丈夫?? 2.3講演会」
◆イベント情報 6◆市民医学講座「甲状腺がんについて」
◆要チェック!サイト◆「大気汚染・風向き情報サイト」
◆お役立ち情報◆「香美音クリニック(Kamion Clinic)内科・小児科」
◆はちどり日記(編集後記)◆記録を!


***********************************
◆ニュース・トピック◆

ジャパン・タイムズ
「大阪は震災ガレキ処理を強行しようとしている」
http://www.japantimes.co.jp/text/nn20130112f1.html


岩手の震災ガレキ36000トンを焼却して、大阪湾に埋め立てるために持ち込むこ
とに地域住民は恐怖している。(エリック ジョンストン記者)

<日本語訳>
https://www.dropbox.com/sh/lws3dv2gjzx3uxz/W8jwQm_iOA/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%82%BA.txt


ジャパンタイムズ紙が、大阪のガレキ焼却問題について分かりやすい、緊迫感を感
じさせる記事を書きました(2013.1.12)。そして、知人が訳してくださいました。お時間
のあるときにお読みいただければ幸いです。(さ)

ジャパンタイムズへのご意見送付先はこちらです。読者からの意見や感想で報道姿
勢は変わっていくかもしれません。

https://form.japantimes.co.jp/info/contact_us.html


***********************************
◆おすすめ番組◆

3・11大震災 シリーズ
「活断層と原発、そして廃炉~アメリカ、ドイツ、日本の選択」(55分枠)
http://www.ntv.co.jp/document/

放送時間: 1月27日(日)24:50~
制作: 日本テレビ・・・・・・関西では読売テレビ
再放送: 2月3日(日) 11:00~ BS日テレ 2月3日(日) 18:00~ CS「日テレNEWS24」


ご覧になった感想などを報道機関に伝えてみませんか?番組は視聴者の意見によ
って取捨選択されていくかもしれません。(さ)

ご意見送付先はこちら

【読売テレビ】
http://www.ytv.co.jp/bangumishinsa/
【日本テレビ】
http://www.ntv.co.jp/staff/goiken/form.html


***********************************
◆イベント情報1◆

One Love Peace Parade
「~ガレキを燃やさず 愛を燃やそう~」
http://ameblo.jp/datsugenpatsu1208/entry-11453554350.html


日時:1月26日(土)14時出発!(13時集合)
場所:西梅田公園→大阪市役所→心斎橋→難波→元町中公園


***********************************
◆イベント情報2◆

「給食と食について話す会」


汚染食品の流通・偽造…。毎日の食材選びに、頭を悩ませている方が多いと思いま
す。みんなで、給食の事・これからの食について、お話しましょう♪

日時: 1月27日(日) 11時~14時 (途中退出OK)
参加費: 300円
申込み: 不要
場所: 梅田スカイビル1階 ミンナDEカオウヤ
http://www.skybldg.co.jp/access/walk.html

主催: 関西Futureコミュニティー 江口
kansaifuture@yahoo.co.jp
080-5034-5666 (au/ドコモの方)
090-1776-0480 (ソフトバンクの方)


***********************************
◆イベント情報3◆(再告知)

映画「カンタ!ティモール」上映会
http://hachidories.blog.fc2.com/


日時:1月27日(日)15時開場 15時半上映(110分)上映後シェアタイム(1時間程)

場所:オーガニックキッチン「レ コッコレ」2F(1F受付)
http://www.le-coccole.jp/index.html
地図→http://le-coccole.jp/access/index.html

料金:1,500円 (映画・お茶代込)

定員:25名(定員になり次第締め切らせていただきます)

託児:なし。また託児の必要な幼児はご参加いただけません。
(鑑賞は目安として11歳以上が対象です。HPより)

主催:はちどり通信 090-3973-2222


お申し込みなど詳細については下記をご覧下さい。
http://hachidories.blog.fc2.com/blog-entry-18.html


自由と平和を願う全ての人に観てもらいたい映画です。(じ)


***********************************
◆イベント情報4◆

いのちを守る緑の防潮堤提案者
「宮脇昭 博士 講演会 IN 大阪」
http://ameblo.jp/osakaokan2012/entry-11451431149.html


日 時:1月31日(木)13時~17時頃
場 所:難波OCAT 4F
参加費:1,000円
主 催: 大阪おかんの会

ご予約など詳しくは下記をご覧下さい。
http://ameblo.jp/osakaokan2012/entry-11451431149.html


***********************************
◆イベント情報5◆

医師のお話・北九州市民の報告
「震災がれき、毎日燃やして大丈夫?? 2.3講演会」
http://garekimatte.blog.fc2.com/blog-entry-2.html

  
日時:2月3日(日) 13:30~16:00 (13:00開場・受付開始)

場所:大阪市立住まい情報センター  3Fホール
http://www.sumai.city.osaka.jp/contents.php?id=19
(地下鉄 天神橋筋六丁目 駅、JR環状線 天満 駅)

資料代: 700円

託児あり ( 前日までに要予約。tj5tymd@gmail.com , 090-8980-2436 やまだ )

主催: ちょっと待って!放射能ガレキ 関西ネット


***********************************
◆イベント情報6◆

市民医学講座
「甲状腺がんについて」*お申込締切:1月28日(月)
http://www.msic.med.osaka-cu.ac.jp/citilec/170.html


日 時:2月14日(木)  午後6時10分~午後8時
場 所:大阪市立大学医学部医学情報センター・ホール(あべのメディックス6F)
講 師:小野田 尚佳 准教授  (大阪市立大学大学院医学研究科 腫瘍外科学)
主 催:大阪市立大学医学部
資料代:実費 (当日希望者のみ)

お申込方法など詳しくは下記をご覧ください。
http://www.msic.med.osaka-cu.ac.jp/citilec/170.html


***********************************
◆要チェック!サイト◆(再掲)

○環境省大気汚染物質広域監視システム
そらまめくん(特に微小粒子状物質(PM2.5)の値にご注意ください)
http://soramame.taiki.go.jp/DataMap.php?BlockID=06

○大気汚染粒子予測動画
http://sprintars.riam.kyushu-u.ac.jp/forecastj.html

○大阪府の風予測
http://weather.yahoo.co.jp/weather/wind/27/

○風向風速予測システム ウィンドン(地図上の舞洲をクリックしてください)
http://meci.kir.jp/windon/osaka.html


来週2月1日(金)から予定されている、大阪市此花区舞洲工場での、震災瓦礫の焼
却に備えて、上記サイトを参考にされ日々の生活にお役立てください。外出時のマス
ク、ゴーグルは目や喉の粘膜を守るためにご使用をお勧めいたします。


***********************************
◆お役立ち情報◆

「香美音クリニック(Kamion Clinic)内科・小児科」
http://kamionclinic.jimdo.com/


○甲状腺エコー検査について (HPより)

2013年1月~3月は、甲状腺エコー検査を2100円の半額の1050円で実施します。予約
をメールか診療時間内にお電話でお取りください。

詳しくは下記<お知らせ>をご覧下さい。
http://kamionclinic.jimdo.com/


とても信頼できる先生だと私は思います。ただし、ご自身の体に関わることですので、
受診にあたってはご自身の判断でお願いいたします。(さ)


***********************************
◆はちどり日記(編集後記)◆

2月から予定されている瓦礫の焼却や、原発事故の影響で起こるかもしれない様々な
体調不良の早期発見、予防の為にも健康診断を受けて記録を残しておくことは大事。
先日、兼高医師による講演会でお聴きしました。(あ)

焼却が始まった後の体調変化について、メモ程度のものでも記しておくことは、今後
何かあった時の対策として有効だそうです。是非記録を!(じ)


***********************************
【発行元】
関西*母と科学者の会
http://kawanishikodomo.blogspot.jp/

[プロフィール]
畑明郎先生(前環境学会会長)をはじめ、
熊本一規先生(明治学院大学教授)、
河野益近先生(京都大学大学院原子核工学科)
橋本百合香先生(小児科医)、
肥田舜太郎先生(被ばく医師)、
矢ケ﨑克馬先生(琉球大学名誉教授)など全国20名以上の専門家から賛同を
受け、 大阪市や近隣各市へ汚染された震災廃棄物の焼却について反対の申し
入れを行ってきました。
これからも命を大切に考えてくださる専門家の方々と連携しながら、子ども
たちに少しでもよい環境を残せるよう母親の立場に立って活動していきたいと
考えています。


「ハチドリのひとしずく~いま、私にできること~」という話を知っていますか?


南米・アンデス地方に伝わる話を、明治学院大学教授の辻信一氏が翻訳された、こんな話です。


森が燃えていました
森の生きものたちは われ先にと 逃げて いきました
でもクリキンディという名の
ハチドリだけは いったりきたり
口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは
火の上に落としていきます
動物たちがそれを見て
「そんなことをして いったい何になるんだ」
といって笑います
クリキンディはこう答えました


「私は、私にできることをしているだけ」


(出典:「ハチドリのひとしずく」 辻 信一監修 光文社刊 2005年)


この「ハチドリ」と、「311以降社会を見直し考えたい」と思ったわたし達を重ね、
この通信を発行することに致しました。これからたくさんのハチドリの仲間ができることを願って・・・。


***********************************
■バックナンバーのご案内
これまでに配信した「はちどり通信」バックナンバーは、「はちどり通信ブログ」でご覧
いただけます。
http://hachidories.blog.fc2.com/

■メルマガ配信停止・配信希望の方は
◎配信停止ご希望の方→hachidori_8@yahoo.co.jpまでご連絡ください。
◎配信希望の方→件名に【配信希望】、本文にお名前(ハンドルネーム可)とPCから
受信可能なメールアドレスをご記入の上、hachidori_8@yahoo.co.jpまでご連絡ください。



スポンサーサイト

【1月27日・大阪】映画「カンタ!ティモール」上映会のお知らせ

繧ォ繝ウ繧ソ・√ユ繧」繝「繝シ繝ォ縺。繧峨@_convert_20130116174639


映画「カンタ!ティモール」上映会のお知らせ

日時:2013年1月27日(日)15時開場 15時半上映(110分)
    上映後シェアタイム(1時間程)
  
場所:オーガニックキッチン「レ コッコレ」2F(1F受付)
    http://www.le-coccole.jp/index.html
   大阪市中央区北久宝寺町3-4-1 豆庭ビル1,2階 
   大阪市営地下鉄中央線本町駅9番出口から徒歩5分 
   船場センタービル8,7号館の間の道を南へ
   地図→★

料金:1,500円 (映画・お茶代込)

定員:25名(定員になり次第締め切らせていただきます)

託児:なし。また託児の必要な幼児はご参加いただけません。
  (鑑賞は目安として11歳以上が対象です。HPより)

申し込み:件名に【上映会参加希望】と明記いただき、お名前・参加人数をご記入の上
     はちどり通信hachidori_8@yahoo.co.jpまでご連絡ください。

主催:はちどり通信
   090-3973-2222

*お茶は、「レ コッコレ」さんのしょうが紅茶
(羽間農園の無農薬紅茶・てんさい糖シロップ無農薬生姜)です。
追加注文は別途(別料金で)お店のメニューを注文出来ます。

「カンタ!ティモール」公式HPは→コチラ

日本からまっすぐ南 常夏の美しい島ティモール。
偶然出会った青年が教えてくれたある歌に 導かれるまま
ひとつの旅が始まった。
3人に1人が殺されるという激しい軍事攻撃の中、東ティモールの人々が選択したのは
揺るぎない平和と大地に根ざす音楽の力。
彼らを殺し続けたのは軍隊だけなのか、それとも……
胸に迫る真実の物語 命をかけた音楽。
小さな島の出来事から 私たちの世界が見えてくる。

監修:中川敬(ソウルフラワーユニオン)・南風島渉(フォトジャーナリスト)
制作:小向定/監督:広田奈津子/110分 ドキュメンタリー

「はちどり通信」 vol.15 震災瓦礫処理の説明会が開催されました

「はちどり通信」 vol.15
(2013.1.18発行)


皆さん、こんにちは。
「はちどり通信」第15号をお届けします。


(配信停止、配信希望の方は、メールマガジン最後にある「メルマガ配信停止・配信
希望の方は」をご覧ください)


《今号のコンテンツ》
◆ニュース・トピック1◆「1月16日 震災瓦礫処理の説明会が開催されました」
◆ニュース・トピック2◆「ルックイーストはいま マハティール・ビン・モハマドさん」
◆イベント情報 1◆「放射線から命を守る医師の話を聞く集い」
◆イベント情報 2◆「食の安全を考える 予防原則が子どもたちを守る」
◆イベント情報 3◆「いのちを守りたい 大阪市での震災がれき焼却を止めましょう!」
◆イベント情報 4◆映画「ホピの予言」上映会
◆イベント情報 5◆映画「カンタ!ティモール」上映会
◆映画鑑賞レポート◆「おだやかな日常」
◆おすすめ書籍◆「クレヨンハウスのブックレットシリーズ」
◆おすすめサイト◆「大気汚染粒子予測動画」
◆耳寄り情報◆「朝日新聞デジタル無料会員」をご存知ですか?
◆はちどり日記(編集後記)◆震災瓦礫処理の説明会に参加して・・・


***********************************
◆ニュース・トピック1◆

1月16日、大阪市主催による「東日本大震災により生じた廃棄物の試験処理結果及
び本格処理にかかる説明会」が此花区民ホールで開催されました。

大阪市此花区にある舞洲工場での本焼却は2月1日より開始されます。
詳しくは下記の新着情報(1月16日)の動画をご覧下さい。
http://www.city.osaka.lg.jp/kankyo/page/0000163892.html


この1年余り、わたし達市民が行政へ投げかけた数々の質問への回答と同様、非常
に不誠実な説明会でした。(じ)


***********************************
◆ニュース・トピック2◆

「(インタビュー)ルックイーストはいま マハティール・ビン・モハマドさん」
朝日新聞 2013.01.15 東京朝刊 11頁 オピニオン1
http://www.asyura2.com/12/senkyo142/msg/641.html
http://b.hatena.ne.jp/entry/www.asahi.com/shimen/articles/TKY201301140444.html

マレーシアの首相を22年間務めたマハティール氏は1982年に「日本を見習え」と、
ルックイースト(東方)政策を唱えた。それから30年余り。「いまや日本の過ちから教
訓を得るときだ」「韓国により多く学ぶ点がある」と苦言を呈する。アジアを代表する
知日のリーダーは、停滞が続く日本にいらだちを隠さない。


震災以降、マレーシアに移住する日本人が2倍に増えたそうです。全く興味を持って
いなかったこの国ですが、元首相の彼が言う言葉に頼もしさと未来を感じました。(い)

この記事を読んで感想などお持ちになりましたら、新聞社に感想を送ってみませんか?
多くの人の意見で、少しずつ報道は変わっていくものだと思います。これからはでき
るだけ記事への意見先も掲載したいと思います。
【送り先】https://se01.asahi.com/reference/form.html


***********************************
◆イベント情報1◆

第2回未来を作るフォーラム
「放射線から命を守る医師の話を聞く集い」
http://miraiwotsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-17.html


原発労働者の被曝治療に携わってこられた村田三郎先生(阪南中央病院)。みずか
ら避難者でありヨウ素剤配備の必要性を説く兼高武仁先生。

1月19日(土)13:30~ ドーンセンター
大阪市中央区大手前1-3-49

定員・ 50人
会費・ 1000円
申込・ 下記のメール、電話、FAXでお名前・ご連絡先をお知らせ下さい
避難者と未来をつくる会
Email  garekikarahito@yahoo.co.jp
電話 070-5669-3545
F A X  03-6779-4538


***********************************
◆イベント情報2◆

第56回 北天満サイエンスカフェ
「食の安全を考える 予防原則が子どもたちを守る」
http://www.kitatenma-cafe.com/


食の安全のゴールは、「子どもたちを守る」ことにあります。放射能汚染や水銀、カド
ミウム、PCBやダイオキシンなどによる食品汚染の実態を知り、子どもたちを守るた
めの方策について考えて見ませんか?

日 時:1月19日(土)14時から16時
場 所:天五中崎通商店街 Art & Science Cafe(大阪市北区黒崎町8-7)
話題提供:山口英昌さん(美作大学、元大阪市立大学)
無料!予約不要
主 催:天五中崎通商店街黒崎東商店会

参 考:神山美智子・山口英昌編『情報が食の安全を守る』(旬報社、2012年)
http://www.junposha.com/catalog/product_info.php/products_id/789


***********************************
◆イベント情報3◆(再告知)

震災がれきを焼却した東京都、北九州市などで
子どもにどのような健康障害が出ているのでしょうか?
「いのちを守りたい 大阪市での震災がれき焼却を止めましょう!!」

大阪市がUSJ付近の大阪湾で来る2月から1年数ヶ月間本格焼却・海面埋め立てを
行った場合、大阪そして近畿一円はどのような影響が起きるのか。政府、電力会社、
御用学者、マスメディアの情報操作に流されず、市民が協力して、原発をなくし、安心
できる子どもの未来を作りましょう。

と き : 1月19日(土)14:00~16:00

ところ : サクラファミリア(カトリックセンター) 「ハートンホテル北大阪」隣
(大阪市北区豊崎3-12-8)

講 師 : 中村聡子 「関西*母と科学者の会」代表 

主 催:関西*母と科学者の会(http://kawanishikodomo.blogspot.jp/)

後 援:問合せ:カトリック大阪大司教区 社会活動センター ・シナピス
06-6942-1784


***********************************
◆イベント情報4◆

映画「ホピの予言」上映会(1986年、監督:宮田雪、語り:佐藤慶、時間:75分)
http://hoshimeguri.com/landandlife/index.htm

ゲストに、2011年2月14日に亡くなった監督 宮田雪さんのパートナーで、この映画を
制作した辰巳玲子さん【ランド・アンド・ライフ】を迎えます。


◎なんば 上 映 会
http://ameblo.jp/merchant45/entry-11441954884.html

1月26日(土)18:30~21:00(18:15開場)
主催:Think Fukushima Movies in Kansai
ゲスト:辰巳玲子さん
場所:大阪市難波市民学習センター、アトリエ(OCATビル4階)​
料金:1,000円(上映経費)託児なし
予約:090-4569-9140, regentag2012@gmail.com(カツラギ)

◎い た み 上 映 会
http://ameblo.jp/merchant45/entry-11441957930.html

2月2日(土)13:30~16:30(13:00開場)
主催:Oracle itami + Think Fukushima Movies in Kansai
ゲスト:辰巳玲子さん、廣海縁朗さん(Nonベクレル食堂)
場所:伊丹市立市民まちづくりプラザ(阪急伊丹駅構内リータ3階)​
料金:500円(上映経費)
託児 : 【一歳以上。先着順。1月29日までに要予約】
予約:072‐780‐1234 (伊丹市立市民まちづくりプラザ)


***********************************
◆イベント情報5◆

映画「カンタ!ティモール」上映会
http://www.canta-timor.com/

日本からまっすぐ南 常夏の美しい島ティモール。
偶然出会った青年が教えてくれたある歌に 導かれるままひとつの旅が始まった。3人
に1人が殺されるという激しい軍事攻撃の中、東ティモールの人々が選択したのは揺
るぎない平和と大地に根ざす音楽の力。彼らを殺し続けたのは軍隊だけなのか、それ
とも……。胸に迫る真実の物語 命をかけた音楽。小さな島の出来事から 私たちの
世界が見えてくる。


日時:1月27日(日)15時開場 15時半上映(110分)上映後シェアタイム(1時間程)
  
場所:オーガニックキッチン「レ コッコレ」2F(1F受付)
http://www.le-coccole.jp/index.html
大阪市中央区北久宝寺町3-4-1 豆庭ビル1,2階 
地図→http://le-coccole.jp/access/index.html

料金:1,500円 (映画・お茶代込)

定員:25名(定員になり次第締め切らせていただきます)

託児:なし。また託児の必要な幼児はご参加いただけません。
(鑑賞は目安として11歳以上が対象です。HPより)

申し込み:件名に【上映会参加希望】と明記いただき、お名前・参加人数をご記入の
上、はちどり通信hachidori_8@yahoo.co.jpまでご連絡ください。

主催:はちどり通信 090-3973-2222
http://hachidories.blog.fc2.com/blog-entry-16.html


わたし達主催のはじめての上映会です。原発も広域処理も戦争もほんの一握りの人
たちのために、多くの人々が犠牲になることには変わりありません。上映会後のシェ
アタイムで他の参加者の方がたと意見を交わすことでさらに世界は広がります。(じ)


***********************************
◆映画鑑賞レポート◆

映画「おだやかな日常」
http://www.cinenouveau.com/schedule/schedule1.html

大阪市九条のシネ・ヌーヴォで25日まで!
大阪での上映はこれでひとまず終了。お見逃しなく。東京では大きな話題になってい
るそうですが、大阪では?????  お勧めです!
「おだやかな日常」を小1の娘と見に行きました。見て驚きました。この映画の制作者
は、震災から避難に至るまでの私の日常を見ていたのではないかと。役者さんたちの
セリフが、自分や夫が実際にあるいは心の中で発した言葉とみごとに重なっていまし
た。残念だったのは、休日にも拘わらず、観覧者はたったの5名。娘曰く・・・「泣いて
たのママだけだったね・・・」と。(さ)


***********************************
◆おすすめ書籍◆

「クレヨンハウスのブックレットシリーズ」
http://www.451books.com/SHOP/84890/860963/list.html

クレヨンハウスの若いスタッフが自分たちで企画し、クレヨンハウス東京店ではじまっ
た「朝の教室」。その講師のかたがたの講演をまとめたのが、クレヨンハウスブックレ
ットです。


クレヨンハウスの出版物は、優しい感じがしていながら内容もしっかりしています。こ
のブックレットシリーズは、ボリューム的にもあまり重すぎず、読みやすくおすすめで
す。(し)


***********************************
◆おすすめサイト◆

九州大学応用力学研究所
「大気汚染粒子予測動画」
http://sprintars.riam.kyushu-u.ac.jp/forecastj.html

大気汚染粒子→すす(黒色炭素)・有機物・硫酸塩エアロゾルの合計
*詳しくはリンク先をご覧下さい。


連日、中国の大気汚染が話題になっており、死者も出ていると報道されていますが、
その汚染された大気は日本に流れてこないのでしょうか?
もちろん流れてきます!上記URLをクリックしてみてください。今日から前後数日間の
日本への大気の流れがわかります。お子様のいらっしゃる方などは特に必見です!
(さ)


***********************************
◆お得な情報◆

「朝日新聞デジタル無料会員」をご存知ですか?
簡単な登録手続きで、無料で1日当り3本まで有料記事を読むことができます。

料金コースのご案内の無料会員をクリックして登録できます。
http://digital.asahi.com/info/price/index.html


***********************************
◆はちどり日記(編集後記)◆

大阪市議会が決めた瓦礫焼却。確かに議員を選んだのは市民だけど、命に関わる
大切なことは、議会でなく市民ひとりひとりに是非を聞いて欲しい。今の行政のしくみ
を変えていきたいと痛感した、瓦礫住民説明会でした。(し)

すべて参加した説明会。三度目の正直になるのか?壇上前にはぎっちりと築かれた
「拒絶」を表す痛々しい人のバリケード。その人達もそんなんしたないはず「お静かに
お願いします」もや。もうさせたらんといて上の人よ。もっと心で話したいねん。だから
会話にならず三度目は無かったよ。
参加する度に思った「人の愚かさ、自分の無力」 多様な生物の中での「人」の役割
を皆が気付く事が今いちばん大切だと思う。過去の過ちを繰り返さない為にも。(あ)


***********************************
【発行元】
関西*母と科学者の会 
http://kawanishikodomo.blogspot.jp/

[プロフィール]
畑明郎先生(前環境学会会長)をはじめ、
熊本一規先生(明治学院大学教授)、
河野益近先生(京都大学大学院原子核工学科)
橋本百合香先生(小児科医)、
肥田舜太郎先生(被ばく医師)、
矢ケ﨑克馬先生(琉球大学名誉教授)など全国20名以上の専門家から賛同を
受け、 大阪市や近隣各市へ汚染された震災廃棄物の焼却について反対の申し
入れを行ってきました。
これからも命を大切に考えてくださる専門家の方々と連携しながら、子ども
たちに少しでもよい環境を残せるよう母親の立場に立って活動していきたいと
考えています。


「ハチドリのひとしずく~いま、私にできること~」という話を知っていますか?


南米・アンデス地方に伝わる話を、明治学院大学教授の辻信一氏が翻訳された、こんな話です。


森が燃えていました
森の生きものたちは われ先にと 逃げて いきました
でもクリキンディという名の
ハチドリだけは いったりきたり
口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは
火の上に落としていきます
動物たちがそれを見て
「そんなことをして いったい何になるんだ」
といって笑います
クリキンディはこう答えました


「私は、私にできることをしているだけ」


(出典:「ハチドリのひとしずく」 辻 信一監修 光文社刊 2005年)


この「ハチドリ」と、「311以降社会を見直し考えたい」と思ったわたし達を重ね、
この通信を発行することに致しました。これからたくさんのハチドリの仲間ができることを願って・・・。


***********************************
■バックナンバーのご案内
これまでに配信した「はちどり通信」バックナンバーは、「はちどり通信ブログ」でご覧
いただけます。
http://hachidories.blog.fc2.com/

■メルマガ配信停止・配信希望の方は
◎配信停止ご希望の方→hachidori_8@yahoo.co.jpまでご連絡ください。
◎配信希望の方→件名に【配信希望】、本文にお名前(ハンドルネーム可)とPCから
受信可能なメールアドレスをご記入の上、hachidori_8@yahoo.co.jpまでご連絡ください。



「はちどり通信」 vol.14 福島第1原発事故 除染土、不適正処理か

「はちどり通信」 vol.14
(2013.1.9発行)


皆さん、新年あけましておめでとうございます。
「はちどり通信」第14号をお届けします。

(配信停止をご希望の方は、メールマガジン最後にある「メルマガ配信停止希望の
方は」をご覧ください)


《今号のコンテンツ》
◆ニュース・トピック◆「東日本大震災:福島第1原発事故 除染土、不適正処理か」
◆イベント情報 1◆「1月13日(日)10時~下地真樹准教授、今年初の勉強会」
◆イベント情報 2◆「~福島県浪江町から離れた人々のお話し~」
◆おすすめ動画紹介◆「Women of Fukushima - Pt 1 of 2」
◆おすすめ映画紹介◆「おだやかな日常」
◆おすすめ書籍◆「夜と霧」 ヴィクトール E フランクル著
◆ショップレポート◆「かふぇたま」へ行ってきました~
◆はちどり日記(編集後記)◆感謝とお詫びの気持ちを・・・


***********************************
◆ニュース・トピック1◆

「東日本大震災:福島第1原発事故除染土、不適正処理か 環境省、元請け調査へ」
毎日新聞 2013年01月05日 東京朝刊
http://mainichi.jp/feature/20110311/news/20130105ddm012040135000c.html

 東京電力福島第1原発事故を受けて国が直轄で行っている除染で、除去土壌や枝
葉が川に捨てられるなど不適正に処理されているとの指摘があり、環境省は4日、
実態調査に乗り出した。事実ならば、放射性物質汚染対処特別措置法に抵触する
可能性がある。

 指摘があったのは、福島県田村市、楢葉町、飯舘村の3市町村の除染現場。環境
省の除染ガイドラインでは、除染で発生した放射性廃棄物は飛散防止のため、袋詰
めなどの措置を取るよう求め、特措法で不法投棄を禁じている。しかし、一部の請負
業者が、落ち葉などを川や崖下に捨てた疑いがあるとの指摘があり、環境省は来週
中にも元請けゼネコンの現場責任者を環境省福島環境再生事務所(福島市)に呼び、
事実関係を確認することにした。

 国は、旧警戒区域と旧計画的避難区域(11市町村)を除染特別地域に指定し、直
轄で除染を行うことになっている。指摘のあった3市町村のほかに、川内村を加えた
4市町村の除染作業をゼネコンの共同企業体(JV)に発注。本格的な除染作業が始
まっている。

 除染方法について、環境省は元請けゼネコンとの契約時に、特措法や除染ガイドラ
インなどの規定に沿って実施するよう文書で求めている。また、環境省は、再生事務
所の職員に現場を巡回させ、適正に行われているかをチェックしてきたとしている。

参考)
<除染の実態>「川に直接投棄・手抜き作業次々と」ーメディアが報じれば政府が動く
1/7報道ステーション(内容書き出し)他
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2699.html


一昨年、自分の家の敷地から出た土や落ち葉を山へ捨てているという話を聞きまし
たが、しかしこの記事は国民の税金を使った事業での話です。税金も汚染物も垂れ
流しの国の実態、腹立たしい限りです。(じ)
....

***********************************
◆イベント情報1◆

健康道場サラ・シャンティ 1階と2階にて・・・
(阪急六甲駅浜側降りてすぐ)
http://www.npo.co.jp/santi/

○1月13日(日)10時~
帰ってきた!下地真樹准教授、今年初の勉強会
「がれきの広域処理の問題について」

○1月14日(月)13時~
「川田龍平議員 子ども被災者支援法について」 トークショー!
http://love-peace.from.tv/

1月11日(金)~20(日)
がれきはどこでも燃やさずいのちの森の防潮堤に!
まつむらよしこ「がれきのえほん展」 
チラシ⇒ http://t.co/9W4KKJpM


***********************************
◆イベント情報2◆

福島第一原発事故から1年10か月
~福島県浪江町から離れた人々のお話し~
http://www.shizenha.ne.jp/osaka/detail/5/index.html?articleId=11960

福島原発事故を受けて、朝日新聞で現在も連載中の特集「プロメテウスの罠」の第
一話の主人公の菅野みずえさんをお招きして、ある日突然、町全体が避難するとい
うこと、住み慣れた先祖伝来の土地も、仕事もおいて仮設住宅で住まう浪江町の人
々のお話しを伺います。原発と共に生きるということ、今私たちにできること、考えて
いきたいと思います。

日 時 : 1月13日(日)13:30~15:30
場 所 : エル大阪南館606号室
参加費 : 組合員500円、組合員以外750円
託 児 : なし(子供の同伴可)
主 催 :コープ自然派おひさま委員会
お申込み方法:
メール:kodama07@shizenha.co.jp
FAX:072-635-0776 フリーダイアル:0120-408-300
携帯・IPフォンからは088-603-0080
  
    
***********************************
◆おすすめ動画紹介1◆

世界に向けて発信された福島の女たちの声
「Women of Fukushima - Pt 1 of 2」
https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=OISI5nnvn4s&noredirect=1


あの事故からあと2ヵ月で2年が経過する。都会ではもうあの事故はなかったかのよ
うに生活する人々。今まで原発に関心があった人もなかった人も、まずは実態を知る
ことから始めてみませんか。そしてもう一度一緒に考えてみませんか。私たちが今、
どんな世界に生きているのか。このままでいいのか。福島の事故をどこかで他人事だ
と思っていないか。(さ)


***********************************
◆おすすめ映画紹介◆

原発事故後の傷ついた女性たち、そして子供たちへおくる、いのちの鼓動
映画 「おだやかな日常」
http://www.odayakafilm.com/ 


世界が変わったあの日、見えない恐怖がやってきた 胸を引き裂かれた女性たちは、
いかに大切なものを守るのか?
東京近郊のマンションに住むサエコは夫から一方的に離婚話を切り出され、ひとりぼ
っちで幼い娘、清美を育てることになる。放射性物質への恐怖ゆえに、ガイガーカウ
ンターで幼稚園の庭の線量を計測するサエコ。その頃、同じマンションの隣人である
フリーライターのユカコも、インターネットでチェルノブイリの事例を調べ、放射能へ
の危機感を募らせ、会社勤めの夫に引っ越しをすべきだと主張する・・・・・。

シネヌーヴォで公開中
http://www.cinenouveau.com/sakuhin/odayaka.html
最寄り駅・地下鉄・阪神なんば線九条駅

<上映スケジュール>
1/5(土)〜1/11(金)16:40
1/12(土)〜1/25(金)14:30 ※1/16(水)は休映


***********************************
◆おすすめ書籍◆

「夜と霧」 ヴィクトール E フランクル著


原文のタイトルは「それでも人生にイエスと言う。強制収容所における一心理学者
の体験」。強制収容所の話なので暗く辛い話です。明日生きているかどうかも分から
ない極限状態の中で希望を持ち続けた者だけが生き残り、「人が人生を選ぶのでは
なく、人生が人を選ぶのです。」と作者は記します。(い)


***********************************
◆ショップレポート◆

「たまつくりkafe」
http://kafe-tama.jugem.jp/

1月4日朝日新聞夕刊にかふぇたまの記事が掲載されました。
http://kafe-tama.jugem.jp/?cid=13

◎営業:火・水・金・土 10:00~16:00
◎メニュー:飲み物/各種オーガニック紅茶、韓国茶、など
※おやつは放射能測定に積極的なムソーの取扱商品のみ
※ごはんメニューはありませんので、各自でご持参ください(持ち込み可)
◎お子様連れも大歓迎!
◎「避難ママ 本音トークの会」「ぷるぷる体操」「羊毛から糸を紡ごう」などなど、イベン
トも盛りだくさん!


3.11で被災した移住者さん、避難ママ&キッズ、放射能要らない!すべての人たちの
ためのコミュにティーカフェ「たまつくりkafe」が、昨年12月に大阪市玉造にオープンし
たので、早速行ってきました~。

JR玉造駅から徒歩7分、一見普通の民家の軒先にカフェの看板が出ていました。
ベビーカーを1階に置かせてもらい、2階に上がるとそこがカフェスペース。友達の家
に遊びに来たかのような、ほっこりとしたやさしい空気感が漂い、初めて来るのにな
んだかとてもリラックスできます。

オーガニック紅茶をいただきながら、カフェオーナーのお二人といろいろお話させても
らいました。

オーナーのひとりSさんは東京からの避難者さんで、おかとん(おかんとおとんの
原発いらん宣言2011)でも活動されている方です。「原発事故による放射能汚染
から、はるか関西まで逃げて来た避難者さんたちに、の~んびり過ごしてもらえる場
所が欲しい」と、自ら立ち上がり、お店をオープンさせたお二人。「関西在住の方た
ちにも、ぜひ来てもらって、いろいろ話をしたい」とおっしゃっていました。

放射能のこと、食べ物のこと、暮らしのこと…。気になるけど周囲に話ができる人が
なかなかいなくて…という方は、ぜひ一度訪ねてみてください!(し)


***********************************
◆はちどり日記(編集後記)◆

震災からもうすぐ2年を迎えようとしている。移住して1年。新年だし、明るい日記をと
思ったが正直に告白しようと思う。この1年、泣かずに過ごせた日が一日もなかった。
悲しみの涙、お詫びの涙、感動の涙、感謝の涙。理由は様々だが、何を見ても、何を
思っても涙を止めることができなかった。子どもが見ている前で泣かないというだけで
精一杯だった。30年間書き続けた年賀状も今年は一通も出すことができなかった。
ありふれた日常に戻れる日が来るのだろうか。今年もごまかすことなく、地球に、人に、
命に、感謝とお詫びの気持ちを持ち続けたい。短い動画です。最後までご覧ください。
http://www.midwayfilm.com/  (さ)


***********************************
【発行元】
関西*母と科学者の会 http://kawanishikodomo.blogspot.jp/

[プロフィール]
畑明郎先生(前環境学会会長)をはじめ、
熊本一規先生(明治学院大学教授)、
河野益近先生(京都大学大学院原子核工学科)
橋本百合香先生(小児科医)、
肥田舜太郎先生(被ばく医師)、
矢ケ﨑克馬先生(琉球大学名誉教授)など全国20名以上の専門家から賛同を
受け、 大阪市や近隣各市へ汚染された震災廃棄物の焼却について反対の申し
入れを行ってきました。
これからも命を大切に考えてくださる専門家の方々と連携しながら、子ども
たちに少しでもよい環境を残せるよう母親の立場に立って活動していきたいと
考えています。


「ハチドリのひとしずく~いま、私にできること~」という話を知っていますか?


南米・アンデス地方に伝わる話を、明治学院大学教授の辻信一氏が翻訳された、こんな話です。


森が燃えていました
森の生きものたちは われ先にと 逃げて いきました
でもクリキンディという名の
ハチドリだけは いったりきたり
口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは
火の上に落としていきます
動物たちがそれを見て
「そんなことをして いったい何になるんだ」
といって笑います
クリキンディはこう答えました


「私は、私にできることをしているだけ」


(出典:「ハチドリのひとしずく」 辻 信一監修 光文社刊 2005年)


この「ハチドリ」と、「311以降社会を見直し考えたい」と思ったわたし達を重ね、
この通信を発行することに致しました。これからたくさんのハチドリの仲間ができることを願って・・・。


***********************************
■バックナンバーのご案内
これまでに配信した「はちどり通信」バックナンバーは、「はちどり通信ブログ」でご覧
いただけます。
http://hachidories.blog.fc2.com/

■メルマガ配信停止希望の方は
このメールマガジンの配信停止を希望される方は、hachidori_8@yahoo.co.jpまで
ご連絡ください。


プロフィール

hachidori

Author:hachidori
無料メルマガ「はちどり通信」のバックナンバーを保管しています。

■メルマガ配信停止・配信希望の方
◎配信停止ご希望の方→hachidori_8@yahoo.co.jpまでご連絡ください。
◎配信希望の方→件名に【配信希望】、本文にお名前(ハンドルネーム可)とPCから受信可能なメールアドレスをご記入の上、hachidori_8@yahoo.co.jpまでご連絡ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。